HOME > 協会の取り組み > 私たちの取り組み

私たちの取り組み

トラックは「人の想い」も運んでいる
業界のイメージアップと郎通安全の推進に積極的に取り組んでいます

小学生を対象に交通安全教室を開催

交通安全教室

平成17年度より、高知市が小学校で開催している「自転車の乗り方指導」と共催で、校庭に大型トラックを持ち込み、トラックの死角体験・内輪差の実験等を実演し、子供達と一緒に事故防止について考える交通安全教室を開催し、トラックミニ百科と交通事故防止グッズを記念品として配布しています。


交通事故防止グッズ

起震車体験事業を実施

起震車体験事業

南海トラフ地震対策として、高知県が行っている起震車(地震体験車両)による地震体験事業を、平成25年より受託し、県下全域で、毎年延べ380回約40,000人の体験事業を実施し、県民の方々から好評を得て、業界のイメージアップにも繋がっています。


起震車委託運行

●詳細については、こちらまで
http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/010201/kishinsya-yuretaiken.html

「交通安全ひろば」に毎年参加

交通安全ひろば

平成8年度より今年で、23回目となる高知市「交通安全ひろば」に毎年参加し、交通安全グッズの配布等、交通事故防止を呼びかけるとともに、トラックの日の広報も実施しています。

交通安全グッズ

「交通安全下敷き」を贈呈

交通安全下敷き

毎年、県下の小学新入学児童全員に交通安全啓発の下敷きを贈呈し、本年度で38回目となります。平成25年度からは、高知県からの要望により、南海トラフ地震に対する啓発も行うデザインとなりました。

「業界PRクリアファイル」を配布

業界PRクリアファイル

労働力確保対策の一環として、平成27年度より、県内の高校生にクリアファイルのデザインを募集し、高校1年生に配布を行い、業界就職へのPRを実施しています。

物流企業説明会を開催

物流企業説明会

将来の業界を担う人材確保及が喫緊の課題となっているなか、平成28年度より、卒業予定者等への説明会を開催しています。また、平成27年度から、運輸支局とともに、県下の高校訪問を実施して、広く業界の広報活動も実施しています。