HOME > 協会の取り組み > 土佐町とらっくの森

トラックの日の森づくり

トラックの日の森づくり

土佐町とらっくの森で実施

10月9日のトラックの日に合わせ高知県「協働の森パートナーズ協定」を結んでいる「土佐町とらっくの森」において「土佐町とらっくの森〜山のお手入れ体験学習」と題しての環境保全学習を行っています。間伐体験や間伐材を利用した木工クラフトなどのレクリエーションを通じて、参加者が環境問題への理解を深めるきっかけとしています。

土佐町とらっくの森 土佐町とらっくの森
恊働の森森の力

CO吸収源である
森林の再生を支援しています。

平成20年10月14日に、土佐町、地蔵寺協働の森管理委員会、高知県との4者で「協同の森パートナーズ協定」を締結し、「土佐町とらっくの森」(協定面積70ha)において、森林の再生を支援しています。

CO2証書

県から344tのCO2証書。

大型トラック1台が73,934時間のアイドリングストップを行ったことに相当します。高知県トラック協会会員企業の所有するエンジン付トラック5,925台が1台あたり、約12時間29分のアイドリングストップ実施効果になります。